記事一覧

はびこるネズミ講

 私に、下記のようなメールが送られてきました。年配の方なら"時代遅れな..."と思うかもしれませんが、同様の内容が書き込まれている掲示板も時々みかけます。あきらかに違法なネズミ講ですよね。一部伏字で隠してあります。

 だいたい、"月9,000円出せば確実に儲かる。100万円も夢じゃない"、ちょっとまて、その100万円は誰が出すんだ。

 ということで、騙されないようにしましょう。

 でも、このメールを送ってきた人、freemailのアカウントを使って送ってきているけれど、違法だってしっているんだろうな、と思います。もちろん、管理人の知らない人ですので、どこかの掲示板に書き込んだメールアドレスを見て送ってきているんだと思います。

--------------------------------------------------------------
********といいます。

突然のメ―ル、失礼致します。

※※※これで人生変わるかも※※※
絶対確実、少資本で莫大な利益始めませんか!

 そんなことあるわけないですよね。でも、友人に送りつけて友情が壊れ人生は変わるかも?

★★ちなみに私自身は3日でもとがとれました!!★★
是非最後まで、御読み下さい。

御不要の方には、御詫び致しますとともに、このメールを削除してくださいますようお願いいたします。

先日、下記のような手紙を受け取りました。

¥9,000円の投資ならと思い試しに参加してみたら、2日目で最初の投資分をすぐに回収できたので、これは面白いと思い案内させて頂きました。¥9,000円の金額なら誰でもが『法律に触れなければいいが』という感じのようです。どうですか? 遊び心を御持ちの方だけ、是非参加して下さい。3人のリストに¥3,000円づつを送るだけで投資額以上の大金(¥100万円以上)を手にすることができるのです。

 (...それが本当ならば、112人以上を違法に騙すことになる、ということですね)

『そんな甘い話があるかいな』それが最初の感想でした。当然でしょう。まともな人間なら...。でも、よ~く考えてみると、なかなか面白いマネ―ゲ―ムだし、はずれてばかりいる宝くじに比べたら確率は遙に高いかも、と思えたので試しに参加してみる事にしました。そして半信半疑で待っていると...翌日に3,000円の振込が1件ありました。次の日には3件の振込、そして2件、数件の振込が1週間位続きました。2週間を過ぎると 5件以上の振込が毎日来るようになりました。馬鹿馬鹿しいと思わないで下さい。数カ月後には、少なくとも貴方の年収くらいは入金があるのでは...。まあ、皮算用をしていても仕方ありませんが...。

 (...たしかに、どうせ手に入らない金の計算をしても仕方ないですよね)

-------------------------------------------------------------

 ■参加方法■

まず、下記3人の口座にお金を振り込んでください。(銀行の振り込み機で振り込みます)。次に、私の送ったDMをそっくりそのまま新規作成メールにコピー&ペーストして、リストにある3つの口座の一番上の人を削除します。そして、リストの一番下にあなたの口座を書きます。あとは、3つの口座に、番号を上から順に振りなおします。

それを、できるだけたくさんインターネットの掲示板のアドレスに送ってください。そうすれば、あとはそれを受け取った人がどんどん振りこんでくれます。最初の1週間で10件以上の振込が無い場合はもうヒトフンバリします。一番上の口座を削除するから、法律に触れないで済むのです。それだけは絶対に守ってください。

たとえば、コンビニを開業するためにも開業資金というのが要りますね。すなわち商品のお弁当を買ったり、缶ジュースを買ったり。だから、どんなビジネスにも開業資金というのは必要なのです。あなたが振り込む9,000円は、開業資金とお考え下さい。DMの平均的成果は0.3~0.5%位です。

 (...200人に出せば一人くらいバカが引っかかる、ということですか。)

※お金を送らないでリストに自分の名前を載せると、直ぐにばれます から、いろいろな攻撃を受けることになります。 良心を持って参加して下さい。 参加して2週間を過ぎた頃から平均して増加してくるという話です。毎日口座残高を確認するのが楽しくなる夢のようなゲ―ムに参加し て、精神的に嬉しくなる日々を送りませんか? 今すぐコピ―して、貴方も参加して夢を実現しましょう。 モノは試しです。

             ★リスト★


1.****   三和銀行   **支店  普通 *******


2.****   住友銀行   **支店  普通 *******


3.****   住友銀行   **支店  普通 *******

-------------------------------------------------------------

         ▼参考▼

●御心配な方のために、関係記事を記しておきます。

<弁護士の意見>
これはよく言われるネズミ講やマルチ商法ではありません。以下に書かれていますように会員を鼠算式に拡大させることを条件とする無限連鎖講や連鎖販売取引ではなく、順番に上の人が抜けていくので違法性はありません。

 (...上記の意見、嘘です。もう、元祖ネズミ講です)

ねずみ‐こう【鼠講】‥カウ
会員を鼠算式に拡大させることを条件として、加入者に対して加入金額以上の金銭その他の経済上の利益を与える一種の金融組織。投機性が強いので法律で禁止。連鎖配当組織。無限連鎖講。

マルチ‐しょうほう【―商法】‥シヤウハフ
(multilevel marketing plan) 商品販売方法の一。物品販売業者とその商品を再販売する者が次々に他の者を再販売組織に加盟させて、組織内での地位昇進から得られる利益を餌に商品の購入や取引料の支払の負担を約束させる形でする商品の販売取引。鼠講式販売法とも呼ばれ、投機性が強く弊害が大きいので法律で厳しく規制。連鎖販売取引。(広辞苑第四版より引用)

ichipre.comの確保

 巷ではやりの言葉"ドットコム"、取得方法は数種類ありますが、代行業者に頼むくらいなら自分でやってしまえ、と挑戦してみました。(実は、お名前.comを使えば日本語でできたのですが、それを知らずに英語でやってしまいました。価格的にも、今後を考えても、こちらを使うべきでしょう)

 ここで、注意点としては
  1.下記方法について、一切保証は致しません。あくまで、私が行ったことを書いた
    だけです。取得は自己責任でお願い致します。
  2.当然、電子メールのアカウントを持っていることが前提です。
  3.漢字、全角文字の使用は厳禁です。
  4.ここでは、"名前の確保"のみ記述しています。
  5.取得方法について私に質問してくるのはやめてください。


Step1
 1.http://www.domainbank.net/を開く
 2.[www.    .com] の間にドメイン名(今回はichipre)を入れ、[check]を押す
 3.GoodNews!と表示されれば登録可能なので[Continue To Registration]を押す
 4.[Get a New User ID]を押す

Step2.Registrant Information(登録者情報)の入力
 下記項目を入力して[NextStep]を押す。ちなみに、住所は結構適当に入力しました。どうせ、コストのかかる郵便はNICは使用しないだろう、という理由です。

   UserName:ichipre
   Password:パスワードを入力
   Confirm Password:パスワードを再度入力
   Registrant(Owners Name):Daiichi Press. Ind., Ltd.
   Address1:3-25-5,Aoki
   Address2:
   City:Kawaguchi-shi
   State:Saitama
   Postal/Zip:332-0031
   Country:Japan
   E-Mail:担当者(登録者)のメールアドレスを入力
   Phone:048-253-4121
   Fax:

Step3.Administrative Contact Information(運用上の連絡先情報)の入力
 1.下記項目を入力する
 2.[Use Registrant Information]を押す(住所等、Step2と同じだよ、という意味)
 3.[NextStep]を押す

   FirstName:管理者の名前を入力
   LastName:管理者の苗字を入力
   Organization:管理者の所属部署を入力

Step4.Technical Contact Information
 1.[Technical Contact...]をチェックする(住所等、Step2と同じだよ、という意味)
 2.[NextStep]を押す

Step5.Billing Contact Information
 1.[Billing Contact...]をチェックする(住所等、Step2と同じだよ、という意味)
 2.[NextStep]を押す

Step6.Name Server Information
 1.[NextStep]を押す

Step7.支払単位の設定
 1.2年,5年,10年から選べるが、とりあえず2年のままにしておく(2年で70ドル)
 2.[I have read, understand and agree to...]をチェックする
 3.[Submit]を押す

Step8.支払方法の設定
 1.下記項目を入力する
 2.[purchase ...]を押す

   Card Number:クレジットカード番号
   First Name on card:クレジットカードの名前
   Last Name on card:クレジットカードの苗字
   Address1:3-25-5,Aoki
   Address2:
   City:Kawaguchi-shi
   State:Saitama
   Postal/Zip:332-0031
   Country:Japan

Step9.手続きの完了
 これで"The following domain names have been successfully completed!"などと表示されて登録完了となりました。忘れずにTrackingIDをメモしておけ、などと書いてありましたから、メモしておきました。
 少し待っていると、hostmaster@domainbank.netからメールが送られてきました。

 次回、"確保した名前"をどうするか、について書く予定です。

WindowsNTカスタマイズ

 WindowsNTでの、ちょっと使える設定です。ほとんど、次の担当者のためのメモかもしれません。

1.印刷をするたびにメッセージが出る場合の、その消し方
 レジストリエディタを使い

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Print\Providers

の中のNetPopupの値を1から0へ変更します。

2.シャットダウン後の自動電源OFF
 
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon

の中のPowerdownAfterShutdownの値を1へ変更します。
ただし、コンピュータ(例としてASUS-SP97XV)によっては電源が切れず再起動になってしまう場合があります。この場合、HALを置き換えることによって対応可能です。でも、かなり危険な方法なのでここでは書きません。

3.AutoLogon設定をする

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon

AutoAdminLogon="1"
DefaultDomainName="ドメイン名"
DefaultUserName="ユーザ名"
DefaultPassword="パスワード"

のように設定します。ただし、これはTweakUIや窓の手で設定できると思います。

Norton Ghost

 前回の便利なツールに書いたNorton-Ghost、どう設定すれば便利なのか。

1.起動FDDの作成
 sys a:
 attrib -r -h -s a:\drvspace.bin
 del a:\drvspace.bin
 copy %winbootdir%\command\fdisk.exe a:\
 copy %winbootdir%\command\format.com a:\
 copy %winbootdir%\command\mscdex.exe a:\
 copy %winbootdir%\himem.sys a:\
 copy %winbootdir%\command\ebd\oakcdrom.sys a:\

 config.sysの作成
   DOS=HIGH,UMB
   FILES=10
   STACKS=9,256
   DEVICE=HIMEM.SYS
   DEVICE=OAKCDROM.SYS /D:MSCD001
   LASTDRIVE=Z
   SHELL=COMMAND.COM /E:1024 /P

 autoexec.batの作成
   @echo off
   prompt $p$g
   mscdex.exe /E /D:MSCD001 /L:Q

 dump.batの作成
   ghost -sure -nofile -z2 -clone,mode=pdump,src=1:1,dst=d:\image.gho

 recover.batの作成
   ghost -sure -clone,mode=pload,src=%1:\image.gho:1,dst=1:1

 check.batの作成
   ghost -sure -batch -chkimg,%1:\image.gho

 Ghostのファイル(ghost.exe, ghost.env)をコピー


2.使い方
 a).事前にしておかなければならないこと
  1).コンピュータのHDDを、2パーティション以上に分けておく
  2).Dドライブとなるパーティションの容量を十分空けておく
  3).Windows上でDOS窓を開く
  4).上記起動Diskを挿入する
  5)."a:"と入力する
  6)."dump"と入力する
  以上により、Dドライブに、イメージファイル"d:\image.gho"が作成される

  さらに、CD-Rを持っているはずなのでこのファイルをCD-Rメディアに書き込むべき。

 b).トラブルが起きたときのリカバー
  1).上記起動Diskを挿入する
  2).コンピュータの電源を入れる
  3)."recover d"と入力する(CDから復旧の場合は"recover q")

便利なツール

1."98Lite"(http://member.nifty.ne.jp/jp1nom/98lite/)
 Windows98のエクスプローラ(マイコンピュータ)、反応が遅いですよね。それを速くしてメモリ等も節約しようというツールです。現在、私のコンピュータで動作確認中ですが、軽快に動いています。

2."窓の手"(http://www.asahi-net.or.jp/~vr4m-ikw/)
 様々な設定変更が簡単に出来るツールです。使える機能の例として

 a).ログオン時にtempフォルダ内を削除
 b).DoubleSpace/DriveSpaceをメモリからはずす
 c).コントロールパネルの使用制限
 d).各種アイコンの変更

3."Norton Ghost"
 HDDを丸ごと圧縮してバックアップし、トラブルがあった場合の復活や、リカバリーCDの作成に使えます。WinCDR5.0を購入すると付いてきます。上記"98Lite"を試す、といった場合には重宝します。

Win98小技

 上記タイトル、"こえだ"ではなく"こわざ"です、念のため。

1.起動時の画面をカスタマイズする
 起動時の画面は、320x400のサイズ、256色のBMPファイルを作成し、c:\にlogo.sysという名前で保存することで変更できます。

2.終了時の画面をカスタマイズする
 終了時の画面は、320x400のサイズ、256色のBMPファイルを作成し、c:\windowsにlogos.sys及びlogow.sysという名前で保存することで変更できます。

3.コントロールパネルのシステム内で、ロゴ?を表示する
 100x100のサイズ、256色のBMPファイルを作成し、c:\windows\systemにoemlogo.bmpという名前で保存することで変更(追加)できます。

4."Windowsの終了"アイコンを作る
 デスクトップ上で[新規作成]-[ショートカット]とし、"コマンドライン"に
"c:\Windows\Rundll32.exe Shell32.dll,SHExitWindowsEx 1"
と入力、[次へ]を押し、名前を適当(例:Windowsの終了)に付ける。

この技、単体だとあまり意味ないのですが、プログラムの最後に上記コードを入れて電源を落としたり、タスクとして設定することで時間になると電源が切れる等、結構便利です。

5.文字がおかしく表示される(特定のExcelファイル等だけ開けない)
 ときどきこうなることがあります。例えばExcelの特定のファイルが開けない場合など、まずExcelを再インストールして、ダメならばWindowsの再インストール。でも、実はc:\Windows\ttfcacheというファイルを削除して再起動するだけで解決する場合があります。

Win98がとまらない

 Windows98SecondEdition、当社ではクライアントに使っています。ところが、終了処理をしても"Windowsを終了しています"といった表示のまま止まってしまい、電源が切れない現象が頻繁に発生しました。

 "これはWin98SEのバグだ”と思い、Microsoftのホームページを探すと、やはり
"Windows98 Second Edition Shutdown Supplement"なるものが存在しました。ところが、それを使っても全く問題が解決しませんでした。この問題は大きな問題ではないのですが、次に電源を入れると"きちんと終了処理をしろ"といった意味のメッセージが表示され、非常に気分の悪いものでした。

 ところが、ふとしたことから"ネットワークが絡むトラブル"であり、別のコンピュータの共有フォルダにドライブレターを割り当てると発生する、ということがわかりました。そして、"260067JPN.exe"をMicrosoftからDownloadして使用したところ、無事解決しました。

 上記問題によりWindowsMEへのアップグレードを検討していたのですが、当然それも中止になり、コストもかからずに済んだので、めでたし、めでたし、といったところでしょうか。

検索エンジンへの登録Part2

さて、前回、"Yahoo!になかなか登録されない"と嘆いていましたが、昨日Yahoo!より

> ご推薦いただいたページ
> < URL:http://www.ichipre.co.jp >
> をYahoo! JAPANに掲載させていただきました。

といったメールが届き、無事登録されました。Yahoo!への登録は

ホームページが登録される確率は10%程度で、個人のホームページに限ると5%程度。Yahoo! Japan社長の1999年初め時点での談話では、25%程度。

だそうです。さて、どうすれば登録される確率が高くなるか

  1.有名企業になる
  2.きちんとしたHomePageを作る
  3.推薦時に、重要性をアピールする
  4.あきらめない(3週間毎に推薦する)

ではないでしょうか。

 2.については、Yahoo!は登録前にHomePageをざっくり審査するようです。実際、弊社の場合にもキーワードが一部修正されており、この修正はHomePageにきちんと載せていないものが削除されていることからも確認できます。よって、Yahoo!は、間違いなく審査を行なっています。

 3.については、おそらくYahoo!担当者へ重要性が伝わらないと、HomePageを見に来てもくれないかもしれない、というのが理由です。その点、OCN-Navi等は簡単に登録してくれます。

4.については、Yahoo!自身がそう言っています。今回登録されたのは、おそらく10/23に推薦した結果だと思いますので、実際には一週間程度で登録されるかが決まるのでしょう。

 では、なぜ私がこれほどYahoo!にこだわっているのでしょうか。現在、検索エンジンにおけるYahoo!のシェアは約58%であり、それ以外の上位8位(合計41%)までがロボット型検索エンジンだそうです。(上記数字を調査した後にOCN-Naviはディレクトリ型エンジンが追加されたようなので、現在はYahoo!のシェアはもっと低いかもしれません)

 ですので、Yahoo!に登録されれば、一発太郎でも使ってロボット型に登録できますから、検索エンジンの99%をカバーすることになります。(現在では、OCN-Naviも登録しなければだめかな?)

 ロボット型検索エンジンとは、インターネット上を徘徊し、HomePage上の文章をがむしゃらにキーワードとして登録するタイプで、データ量は多いが検索結果が多すぎて使いにくい、というタイプです。私が検索するときには、まずYahoo!のようなディレクトリ型検索エンジンで検索し、だめならばロボット型検索エンジンで検索しています。

なお、ロボット型検索エンジンに対しての設定として

のようにすることでコメントを指示できます。

 最近になって、少しずつアクセスも増え、問い合わせも少しですが来ています。

検索エンジンへの登録

 HomePageを作ってはみた、でも、全然アクセスが増えずわずかにあるアクセスも社内から、思わずアクセスカウンターを取り除きたくなる、そんな管理者の人は多いと思います。

 一体何が足りないのか、それは、"検索エンジン"への登録ですよね。

 さて、このHomePageを開設した際に、かたっぱしから検索エンジンへ登録していきました。でも、かんじんの"Yahoo!"では登録は受け付けず、推薦のみになっています。そして、案の定、いまだ登録されていません。

2000/08/25 推薦完了。これでYahoo!に登録されると思い込む
2000/09/中 あれっ、登録されないぞ。しかも、見にもきていないよう...
2000/09/20 ちょっとコメントに工夫して再推薦。この時、トップページにYahooサーチを貼り付けゴマをすってみる。
2000/10/中 ちくしょう、またダメだ。しかも、まだ見に来ない。これじゃあトップページの意味がない!!!悔しいので、登録してくれたNTT-naviに交換してしまう。
2000/10/23 さらに再推薦。もう、ほんとお願いしますよ。今度は、推薦時のコメントに"第一プレスのHomePage登録"がYahoo!にとって価値があるということを分かって(誤解して)もらうために工夫してみる。
 
 ちなみに、私の場合は、ほとんどの登録を"一発太郎"君にお願いしました。これは、主な検索エンジンへの登録を一発でやってくれます。でも、やはり一番登録したいYahoo!がまだというのは、かなりさびしいです。
 さて、今年中に登録されるのだろうか???

インクの詰め替え

ファイル 5-1.jpgファイル 5-2.jpgファイル 5-3.jpgファイル 5-4.jpg

インク式プリンタでは、インクがなくなるとカートリッジを交換します。でも、ヘッド付カートリッジはとても高価です。実際、CANON製のBJ-5500の場合は、カートリッジは実売3,000円程度です。でも、インクのみを補充すると、一回約500円で済みます。

ポイントとしては
  1.カートリッジ下部のヘッドを傷つけないように注意する
  2.注入前に、しっかりと先端をカートリッジにさす(かなり硬かったです)

 くらいでしょうか。慣れれば、作業はすぐに終わると思います。今回のプリンタは白黒プリンタのため、詰め替えを行なっても特に発色の問題等起きません。また、最大A2まで印刷できるため、結構インクの減りも早く、ランニングコストも重要になってきます。
 おそらく、何度も詰め替えを行なうとヘッドの消耗等の理由で印刷結果が悪くなっていくと思いますので、数回に一度カートリッジ毎交換する必要がありますが、それでもコストは1/3(カートリッジ1個で4回詰め替え)になり、十分行なう価値はあると思います。
 ただし、カラープリンタについてはなんとも言えません。特に、一色だけの詰め替えを行なった場合、純正とは微妙に色合いが変わってしまうことも考えられます。

 とりあえず問題もないようですし、5分程度の手間でコストが約2,000円減るという、地道ではあるけれどお得な手段だと思います。