記事一覧

おとくライン

現在、職場の電話回線は

[川口本社工場]
4通話:NTT回線でマイラインがプラチナライン(ISDN、FAX番号含む)
2通話:NTTのひかり電話をもっと安心プラン+ダブルチャネル

[吉見工場]
2通話:NTT回線でマイラインがプラチナライン(ISDN)
1通話:NTT回線でマイラインがプラチナライン(FAX用、アナログ)

[塗装工場]
1通話:IP電話
1通話:NTT回線でマイラインがプラチナライン(アナログ、FAX用)

となっています。ちなみに工場間の内線通話はIPに乗せているので上記とは無関係に通話できます。で、今回検討しているのは「おとくライン」。これはソフトバンクテレコム(元日本テレコム)のサービスで、マイラインとは違い基本料金部分から完全にNTTと決別する種類の回線です。基本料金はNTTより安く、通話料金はIP電話であるひかり電話と同等。で、さらにすごいのが

「SBMの携帯電話への発信が無料(1~21時)」

もう、孫正義さんのやることむちゃくちゃです。何でも無料にして商売になるのか他人事ながら心配です。しかも、法人名義でSBM携帯を契約すると、その携帯から同じ法人名義のおとくラインへの通話も無料になっちゃいます。で、どちらもオプション料金はゼロ円で、かわりに2年間の縛り(解約金数千円)があります。

おとくラインに変更すれば基本料金もちょっと安くなり、基本的な通話料は最安値なうえにSBM携帯への通話が無料となり、コストアップとなる要素はありません。唯一の問題は「トラブルがおきないのか」という事です。NTTのひかり電話が大規模トラブル発生で問題になったのは記憶に新しいですが、おとくラインはIP電話ではないので大丈夫なんではないかとも思いますが、マイラインと異なり簡単に戻すことができないのがネックですね。

ネットを調べても特別トラブルが多いというわけでもなさそうだし、でも逆に「法人でバリバリ使っているけど全然問題ありませんよ!」といった情報もまったくなく、調べても調べても安心できません。

さて、どうしようかな。。。