記事一覧

UPS

先週末は変電所のメンテナンスのため、本社の電源が停電になりました。4時間ほどの停電だということで、通常なら動かしっぱなしのサーバーも停止させることになります。

サーバーは全部で3台、タワー型2台とノートPC1台で、タワー型にはUPS(バッテリー)をつけているので予想外の停電でもバッテリー駆動後に自動的に電源を切ってくれるため安心なのですが、そうはいっても電源が切れていればただのジャマな箱、どうせなら復旧後に自動的に電源が入って欲しいですよね。

電源を入れる方法としては

1.コンセントからの給電が始まると自動的に電源入
2.LAN経由で電源入を指示

の二つでしょう。ここで「おいっ!おまえは今まで設定していなかったのか?」と言われてしまいそうですが、「はいっ!していませんでした」。いや、今まで全然自動的にシャットダウンすることなんてなかったので。オフコンからPCベースに変えたのは確か2000年問題が絡んでいたので、すでに丸8年、現在のUPSは3代目にもかかわらず。。。

で、とりあえずUPS管理ソフトを見ると、ちゃんとありました、「Wake ON LAN設定」の項目が。早速サーバーのMACアドレスを登録して設定を保存、起動時にサーバーに電源入の指示が飛ぶようにし、サーバーのBIOS画面でWake ON LANをONにして準備完了。

さて、サーバーの電源を切った状態でUPSのコンセントを抜いて停電状態に、その後コンセントを入れてみると、、、うんともすんとも言わないサーバー。そうかあ、停電から復旧しただけではパケットは飛ばないんだな、じゃあ、UPSの電源を切ってみよう。。。やっぱりうんともすんとも言わないサーバー。

ちくしょう、いいよいいよ、電源なんてボタン一個押せばいいんだよ。などと思いながらとりあえず現実逃避、帰宅してしまう。うーん、なんでパケットが飛ばないんだろうなあ、、、あれっ?パケットを飛ばすって、UPSはネットワークにつながっていないぞ。UPS以外の電源が切れている状態では、どうやってもネットワークに電源入のパケットなんて飛ぶわけないじゃん。じゃあこのWake ON LANってUPSに絡んでどう使うものなんだ?停電によってシャットダウンしたサーバーの電源を入れる役には立たないってことか。

ということで、結局Wake ON LANは手動で電源を入れるためのものなのでしょうか。そのうち機会があったら自宅から電源を入れるテストでもしてみましょう。

ということで、とりあえず現状のまま。。。