記事一覧

SPAMメール対策

最近(でもないですが)、SPAMメールが大量にきます。それは詐欺っぽいものだったり外国からのものだったり様々ですが、とにかく迷惑です。とくに私の場合はメールを携帯に転送しているので、すごく邪魔です。ということで、メールフィルタを設定しています。

SPAMメールでも日本のものならまだいいんです、読めますから。でも、外国語のSPAMメールは削除するだけなので本当に邪魔。なのでフィルタの基本(というか完全に)は海外からのSPAMメール対策ですね。

ContentType が Windows-1252 を含む
ContentType が ISO-8859 を含む
ContentType が us-ascii を含む

上記フィルタにひっかかったメールはフリーのメールに転送され、気分が向いた時に一応チェックする(ほぼチェックしない)ことになります。フィルタにひっかからなかったメールは

Date: が +0900 を含む

ものだけ携帯に複写転送されます。上記の条件は、海外からのSPAMメールのヘッダーを見て何となく設定しました。

ちなみに意味としては、ISO-8859とWindows-1252は欧文(西欧)文字コード、us-asciiは読んだ通りのものみたいで、海外からのSPAMメールの大部分はこの3つのどれかでひっかかります。で、Dateが+0900というのは日本を意味しているのですが、たまに必要なメールが+0900が入っていないことがあるので、携帯には転送しない、程度の扱いとしています。

現在のサーバは、間もなく「無料で!」SPAMメールフィルタが使えるようになるので、それが楽しみです。


セキュリティー分野でワールドワイドの実績を持つシマンテック社の「迷惑メール遮断システム」を導入いたします。同システムは独自の高精度な自動判別システムにより(※)、お客さま側での設定なしで、迷惑メールを遮断することが可能。

※2. 世界中から収集された迷惑メール送信元のデータベース(ブラックリスト)および送信されてきたメールの情報を解析することで、迷惑メールを自動判別します。